研究成果発表
ホーム  >  研究成果発表  >  発表論文

発表論文

2017年 論文誌 国際会議 全国大会
2016年 論文誌 国際会議 全国大会
2015年 論文誌 国際会議 全国大会
2014年 雑誌 論文誌 国際会議 全国大会
2013年 解説論文 論文誌 国際会議 全国大会
2012年 書籍 論文誌 国際会議 全国大会
2011年 論文誌 国際会議 全国大会
2010年 論文誌 国際会議 全国大会
2017年

論文誌 (2017年)

ページ上部へ

国際会議 (2017年)

Simulation of Deforming Human Tissue by Multiple Deep Neural Networks
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Kazuhiro Samura
The International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA2017), 2017.1

ページ上部へ

全国大会 (2017年)

ページ上部へ

2016年

論文誌 (2016年)

A framework for estimating four-dimensional dose distributions during stereotactic body radiation therapy based on a 2D/3D registration technique with an adaptive transformation parameter approach
Takahiro Nakamoto, Hidetaka Arimura, Ken'ichi Morooka, Yasuhiko Nakamura, Tomonari Sasaki, Taka-aki Hirose, Yoshiyuki Umedu, Hiroshi Honda, Hideki Hirata
Medical Imaging and Information Sciences, Vol. 33(2016) No. 3, p.48-56, 2016.10

ページ上部へ

国際会議 (2016年)

Angle- and Volume-Preserving Mapping of Organ Volume Model Based on modified Self-organizing Deformable Model
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume
23rd International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2016), 2016.12

A Method for Estimating Tissue Deformation by Deep Neural Network
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Kazuhiro Samura
The 12th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2016), 2016.10

Volume Representation of Parenchymatous Organs by Volumetric Self-organizing Deformable Model
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume
MICCAI 2016 Workshop on Spectral and Shape Analysis in Medical Imaging, 2016.10

A Method for Mapping Tissue Volume Model onto Target Volume Using Volumetric Self-organizing Deformable Model
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume
SPIE Medical Imaging 2016, 2016.3

ページ上部へ

全国大会 (2016年)

広域的エッジによる立体内視鏡画像からの実時間3次元形状復元
堤田有美,諸岡健一,Julius Imbery,辻徳生,倉爪亮,大内田研宙,橋爪誠
日本コンピュータ外科学会, Vol18, No.4, p364 (2016.11)

Estimation of Soft Tissue Deformation by Neural Network
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Kazuhiro Samura
The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), 2016. 11

A Method for Mapping Tissue Model onto Target Object
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume
The 12th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2016), 2016. 11

複数の遠赤外線画像を用いた全周の接触領域検出と把持形態推定への応用
稲田 大亮,辻 徳生,諸岡 健一,田原 健二,河村 晃弘,倉爪 亮,原田 研介
第34回日本ロボット学会学術講演会, pp.3A3-05 (2016.9)

統計的形状モデルを用いた古人骨の骨盤形状復元
諸岡 健一,松原 良太,宮内 翔子,福田 孝一,杉井 健,倉爪 亮
第15回情報科学技術フォーラム, pp. 141-142 (2016.9)

内部組織を有する臓器ボリュームモデルの目標体への写像
宮内 翔子,諸岡 健一,辻 徳生,宮城 靖,福田 孝一,倉爪 亮
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 49-54 (2016.7)

深層学習を用いた実時間非線形有限要素法による肝臓変形推定
小林 薫樹, 諸岡 健一, 宮城 靖, 福田 孝一, 辻 徳生, 倉爪 亮, 左村 和宏
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 321-325 (2016.1)

自己組織化可変モデルに基づく組織ボリュームモデルの目標体への写像
宮内 翔子,諸岡 健一,辻 徳生,宮城 靖,福田 孝一,倉爪 亮
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 305-308 (2016.1)

日本人3次元脳図譜構築のための脳ブロックモデルの非剛体位置合わせ
佐々木 翔,諸岡 健一,宮内 翔子,辻 徳生,宮城 靖,福田 孝一,佐村 和宏,倉爪 亮
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 309-313 (2016.1)

統計的形状モデルとパーティクルフィルタによる低品質医用画像からの3次元椎骨形状の再構築
藤崎 祥平, 諸岡 健一, 久保田 健介, 宮内 翔子, 辻 徳生, 倉爪 亮
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 1-5 (2016.1)

治療X線ポータル動画像に基づく体幹部肺定位放射線治療時における4次元線量分布推定法の開発
仲本宗泰, 有村秀孝, 佐々木智成, 諸岡健一, 廣瀬貴章, 中村泰彦, 梅津芳幸, 本田 浩, 平田秀紀
電子情報通信学会 医用画像研究会, pp. 69-73 (2016.1)

ページ上部へ

2015年

論文誌 (2015年)

Service Robot System with an Informationally Structured Environment
Yoonseok Pyo, Kouhei Nakashima, Shunya Kuwahata, Ryo Kurazume, Tokuo Tsuji, Ken'ichi Morooka, Tsutomu Hasegawa,
Robotics and Autonomous Systems, Volume 74, Part A, December 2015, Pages 148-165, ISSN 0921-8890 pdf

Improving Active Preview Control System of Structures Using Online Prediction of Seismic Waves
Tokuo Tsuji, and Hideharu Nakamura, Journal of Engeering Mechnanics 142, No.2, 04015073, ASCE, 2015

An Informationally Structured Room for Robotic Assistance
Tokuo Tsuji, Oscar Martinez Mozos, Hyunuk Chae, YoonSeok Pyo, Kazuya Kusaka, Tsutomu Hasegawa, Ken’ichi Morooka, and Ryo Kurazume
Sensors 15, No.4, 2015.4

情報構造化環境における没入感VRインターフェースの開発
ピョ ユンソク, 辻 徳生, 橋口 優香, 倉爪亮
日本ロボット学会誌, Vol.33, 2015

ページ上部へ

国際会議 (2015年)

Motion Planing for Fetch-and-Give Task using Wagon and Service Robot
Yoonseok Pyo, Kouhei Nakashima, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Ken'ichi Morooka
IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2015), pp.925-932, July 7-11, 2015

Immersive VR Interface for Informationally Structured Environment
Yoonseok Pyo, Tokuo Tsuji, Yuuka Hashiguchi, Ryo Kurazume
IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2015), pp.1766-1771, July 7-11, 2015

Efficient Resolution Enhancement Algorithm for Compressive Sensing Magnetic Resonance Image Reconstruction
Osama A. Omer, M. Atef Bassiouny and Ken’ichi Morooka
18th International Conference on Image Analysis and Processing, 2015

ページ上部へ

全国大会 (2015年)

統計的形状モデルを用いた把持計画
太田 悠介,辻 徳生,宮内 翔子,諸岡 健一,田原 健二,河村 晃弘,原田 研介,倉爪 亮
第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2015.12

RGB-Dカメラと高速カメラの組み合わせによる手の動きの3次元形状計測
郭 雨鑫, 諸岡 健一, 辻 徳生, 能登 裕子, 原田 博子, 倉爪 亮
第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2015.12

遠赤外線画像の熱痕跡を用いた接触履歴の検出と把持形態推定への応用
稲田 大亮, 辻 徳生, 原田 研介, 田原 健二, 河村 晃宏, 諸岡 健一, 倉爪 亮
第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2015.12

Identification of Cone Cell Distribution Pattern in Retina Image
Ken'ichi Morooka, Kaoru Kobayashi, Oscar Martinez Mozos, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Peter K. Ahnelt
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR15), Fukuoka, Japan, 2015.11

Brain Model Generation Using Internal Structure Contours
Shou Sasaki, Ken'ichi Morooka, Kaoru Kobayashi, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Kazuhiro Samura, Ryo Kurazume
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR15), Fukuoka, Japan, 2015.11

ヒト脳図譜変形法の開発 ~安全・正確な機能的脳手術のために~
宮城 靖, 諸岡 健一, 小林 薫樹, 左村 和宏, 福田 孝一, 宮内 翔子, 佐々木 翔, 辻 徳生, 倉爪 亮, 飛松 省三
日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015

包含立体を用いたクリアランスを有する経路の高速生成
辻 徳生,原田 研介,諸岡 健一,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

プライバシー保護画像を用いた異常行動検出システムの開発
高木 修平,岩下 友美,長原 一,諸岡 健一,辻 徳生,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

レーザセンシングシステムと階層的隠れマルコフモデルによる居住者の行動推定
杉野原 和也,諸岡 健一,辻 徳生,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

環境情報構造化プラットフォームROS-TMSにおけるタスク管理機構
橋口 優香,表 允晳,辻 徳生,諸岡 健一,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

奥行きセンサを用いた能動的物体認識
中里 一幾,諸岡 健一,宮内 翔子,辻 徳生,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

多様なセンサを搭載した小型複合センサ端末の開発と人物追跡のための最適配置計画
渡邊 祐太,倉爪 亮,表 允晳,辻 徳生,諸岡 健一
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

没入感インターフェースOculus Riftを用いたROS-TMSビューアの開発
表 允晳,辻 徳生,橋口 優香,倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015 (2015. 5)

自己組織化可変モデルに基づく六面体要素有限要素モデル生成
諸岡 健一,吉 媛テイ,宮内 翔子,辻 徳生,倉爪 亮
第54回 日本生体医工学会,2015.5

統計的形状モデルを用いた低品質医用画像からの3次元骨形状モデルの構築
藤崎 祥平, 諸岡 健一, 久保田 健介, 宮内 翔子, 辻 徳生, 倉爪 亮
平成27年度日本生体医工学会九州支部学術講演会,2015.3

ページ上部へ

2014年

雑誌 (2014年)

計算解剖モデルを利用した実時間有限要素解析による次世代低侵襲手術シミュレータ
諸岡健一
月刊インナービジョン2014年11月号

実時間有限要素解析を用いた超高精度低侵襲手術支援システムの開発
諸岡健一
月刊インナービジョン2014年11月号

ページ上部へ

論文誌 (2014年)

Floor Sensing System Using Laser Reflectivity for Localizing Everyday Objects and Robot
Yoonseok Pyo, Tsutomu Hasegawa, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume and Ken'ichi Morooka
Sensors, Vol. 14, No.4, pp. 7524-7540, doi:10.3390/s140407524, 2014 pdf

幾何情報を保存する自己組織化可変モデルに基づく目標曲面への人体組織表面モデルの写像
宮内 翔子,諸岡 健一,宮城 靖,福田 孝一,辻 徳生,倉爪 亮
電子情報通信学会和文論文誌D・学生論文特集号, Vol.J97-D, No.3,pp.381-392, 2014

標準脳図譜変形による患者指向脳図譜の構築のためのランドマーク選択
小林 薫樹,諸岡 健一,宮城 靖,福田 孝一,辻 徳生,倉爪 亮
生体医工学, Vol.51, No.6,pp.390-396, 2014

ページ上部へ

国際会議 (2014年)

Grasp Stability Analysis for Elastic Fingertips by using Potential Energy
Tokuo Tsuji, Kosei Baba, Kenji Tahara, Kensuke Harada, Ken’ichi Morooka and Ryo Kurazume
2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII), pp.453-458

Area- and Angle-Preserving Parameterization for Vertebra Surface Mesh
Shoko Miyauchi, Ken’ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume
2nd MICCAI Workshop & Challenge Computational Methods and Clinical Applications for Spine Imaging, 2014.09

Estimation of Brain Internal Structures by Deforming Brain Atlas Using Finite Element Method
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Kazuhiro Samura
36th Annual International IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,2014.08

3D Model Generation of Brain Block Using Internal Structure Contours for 3D Japanese Brain Atlas Construction
Shou Sasaki,Ken'ichi Morroka,Kaoru Kobayashi,Tokuo Tsuji,Yasushi Miyagi,Takaichi Fukuda, Kazuhiro Samura, Ryo Kurazume
IEICE MI, pp.1-6, 2014.06

A Method for Reconstructing 3D Tissue Shapes from Stereo Endoscopic Images Using Wide-Range Edge
Ken'ichi Morooka, Yousuke Nakasuka, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume
Computer Assisted Radiology and Surgery,2014.06

ページ上部へ

全国大会 (2014年)

階層的隠れマルコフモデルによる居住者の行動推定
杉野原和也,諸岡健一,辻徳生,倉爪亮
第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), pp.2495-2498, 2014.12

多指ハンドの把持形態の生成と分類
塗 甜,辻 徳生,田原 健二,原田 研介,諸岡 健一,倉爪 亮
第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2014.12

能動的物体認識のための視点計画法
中里 一幾,諸岡 健一,辻 徳生,倉爪 亮
第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2014.12

3次元距離場を用いた立体内視鏡画像と臓器形状モデルの位置合わせ
中須加 陽介,諸岡 健一,辻 徳生,倉爪 亮
第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 2014.12

携帯端末と AR マーカを用いたROS-TMS ユーザインタフェースの開発
大石 哲朗, 表 允晳, 辻 徳生, 諸岡 健一, 倉爪亮
第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI), 1G3-7, 2014.12

プライバシー保護画像を用いた顔領域の移動情報に基づく異常動作検出
高木 修平, 岩下 友美, 長原 一, 諸岡 健一, 辻 徳生, 倉爪 亮
第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, 2014

Geometrical Features Preserving Parameterization for Vertebra
Shoko Miyauchi, Ken’ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume
7th Biomedical Engineering International Conference(BMEiCON2014), 2014.11

Construction of Patient Specific Brain Atlas by Deforming Template Brain Atlas
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume, Kazuhiro Samura
The 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR14), Peking University, China, 2014.10

Tissue Shape Reconstruction by Stereo Endoscopic Images
Ken'ichi Morooka, Yousuke Nakasuka, Tokuo Tsuji, Kaoru Kobayashi, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume
The 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR14), Peking University, China, 2014.10

プライバシーの完全保護を実現する匿名カメラの提案と異常行動検出実験
高木 修平, 長原 一, 岩下 友美, 辻 徳生, 諸岡 健一, 倉爪 亮
第32回日本ロボット学会学術講演会2014 (2014. 9)

幾何特徴量を用いた視点計画に基づく物体認識
中里 一幾,諸岡 健一,辻 徳生,倉爪 亮
第32回日本ロボット学会学術講演会2014 (2014. 9)

環境情報構造化プラットフォームROS-TMSにおけるタスク管理機構
橋口 優香,表 允晳,辻徳生,諸岡健一,倉爪亮
第32回日本ロボット学会学術講演会2014 (2014. 9)

柔軟指先と把持物体のポテンシャルを用いた把持安定条件の導出
馬場恒星,辻徳生,田原健二,原田研介,諸岡健一,倉爪亮
第32回日本ロボット学会学術講演会2014 (2014. 9)

分散センサを用いた室内状況推定に基づくサービス自動実行アーキテクチャ
ピョ ユンソク,永田 晃洋,中島 洸平,桑畑 舜也,辻 徳生,諸岡 健一,倉爪亮,長谷川 勉
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2014 (2014. 5)

履物上加速度センサと床上レーザレンジファインダを用いた複数人物の追跡
辻 徳生,日下 和也,長谷川 勉,倉爪亮,諸岡 健一
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2014 (2014. 5)

爪を有する多指ハンドの把持計画
馬場 恒星,辻 徳生,ピョ ユンソク,倉爪亮,諸岡 健一,長谷川 勉,原田 研介
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2014 (2014. 5)

広域的エッジ検出による内視鏡ステレオ画像からの3次元形状再構成
中須加陽介,諸岡健一,辻徳生,倉爪亮
電子情報通信学会 総合大会 (2014.3)

区分的な二次曲面近似に基づく平面と曲面の抽出及び把持姿勢候補の生成
宇都 宗一郎,辻 徳生,原田 研介,倉爪 亮,長谷川 勉
第19回ロボティクスシンポジア (2014.3)

情報構造化アーキテクチャの提案とサービスロボットのオンライン動作計画の実現
表允晳 , 辻徳生, 橋口優香 , 永田晃洋, 中島洸平, 倉爪亮 , 長谷川勉 , 諸岡健一
第19回ロボティクスシンポジア (2014.3)

標準脳図譜変形によるテイラーメイド脳図譜の開発:脳図譜変形のための脳内ランドマークの検討
小林薫樹,諸岡健一,宮城靖,福田孝一,辻徳生,倉爪亮,左村和宏
第53回 日本定位・機能神経外科学会(2014.2)

網膜画像を用いた血管位置に対する錐体細胞分布の自動推定
吉媛テイ,諸岡健一,Oscar Martinez Mozos,辻徳生,倉爪亮
電子情報通信学会 医用画像研究会,pp. 281-284 (2014.1)

等面積・等角性を保存した生体組織表面モデルの目標曲面への写像
宮内翔子,諸岡健一,辻徳生,宮城靖,福田孝一,倉爪亮
電子情報通信学会 医用画像研究会,pp. 143-148 (2014.1)

成長型自己組織化可変モデルを用いた人体組織の六面体有限要素モデリング
鴛渕真里,諸岡健一,辻徳生,倉爪亮
電子情報通信学会 医用画像研究会,pp. 149-154 (2014.1)

標準脳図譜変形による患者脳内部構造推定のための特徴点選択法の開発
小林薫樹,諸岡健一,宮城靖,福田孝一,辻徳生,倉爪亮,左村和宏
第30回 日本脳電磁図トポグラフィ研究会 JSBET (2014.1)

ページ上部へ

2013年

解説論文 (2013年)

graspPlugin for Choreonoid
辻徳生,原田研介
日本ロボット学会誌,Vol.31,No.3,pp.18-21,2013.4

ページ上部へ

論文誌 (2013年)

床上センシングシステムを用いた生活環境における移動物体の位置計測と居住者の行動推定
長谷川勉,ピョユンソク,田中真英,辻徳生,諸岡健一,倉爪亮
日本ロボット学会誌, Vol.31, No.8, pp.769-779, 2013

A survey on statistical modeling and machine learning approaches to computer assisted medical intervention: Intraoperative anatomy modeling and optimization of interventional procedures
Ken'ichi Morooka, Masahiko Nakamoto, Yoshinobu Sato
IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E96-D, No.4, pp.784-797, 2013 pdf

ページ上部へ

国際会議 (2013年)

Grasp Planning using Quadric Surface Approximation for Parallel Gripper
Soichiro Uto, Tokuo Tsuji, Kensuke Harada, Ryo Kurazume and Tsutomu Hasegawa
IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO)pp.1611-1616, Shenzhen, 2013

Measurement and Estimation of Indoor Human Behavior of Everyday Life Based on Floor Sensing with Minimal Invasion of Privacy
Yoonseok Pyo, Tsutomu Hasegawa, Masahide Tanaka, Tokuo Tsuji, Ken'ichi Morooka and Ryo Kurazume
IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO)pp.2170-2176, Shenzhen, 2013

Abnormal behavior detection using privacy protected videos
Yumi Iwashita, Shuhei Takaki, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, and Ryo Kurazume
Workshop on Computer Vision at the 4th International Conference on Emerging Security Technologies (EST-2013)

Tissue Surface Model Mapping onto Arbitrary Target Surface Based on Self-organizing Deformable Model
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, and Ryo Kurazume
Workshop on Computer Vision at the 4th International Conference on Emerging Security Technologies (EST-2013)

Navigation System with Real-time Finite Element Analysis for Minimally Invasive Surgery
Ken'ichi Morooka, Yosuke Nakasuka, Ryo Kurazume, Xian Chen, Tsutomu Hasegawa, Makoto Hashizume
the 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology (EMBC'13), 2013

A Method for Estimating Patient Specific Parameters for Simulation of Tissue Deformation by Finite Element Method
Ken'ichi Morooka, Shuji Sonoki, Ryo Kurazume, Tsutomu Hasegawa
5th International Work-conference on the Interplay between Natural and Artificial Computation, 2013

The Intelligent Room for Elderly Care
Oscar Martinez Mozos, Tokuo Tsuji, Hyunuk Chae, Shunya Kuwahata, Yoonseok Pyo,Tsutomu Hasegawa, Ken'ichi Morooka, Ryo Kurazume
5th International Work-conference on the Interplay between Natural and Artificial Computation, 2013

Probabilistic Approach for Object Bin Picking Approximated by Cylinders
Kensuke Harada, Kazuyuki Nagata, Tokuo Tsuji, Natsuki Yamanobe, Akira Nakamura, Yoshihiro Kawai
Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.3727-3732, 2013.05

ページ上部へ

全国大会 (2013年)

カメラを用いた変位計測と振動モード解析に基づく鋼構造物の劣化部位推定
辻 徳生,中村 秀治,藤井 堅,由良 慎弥
第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013

アクティブRFIDタグと床上レーザレンジファインダを用いた複数人物の追跡
日下和也,表允晳,長谷川勉,辻徳生,倉爪亮,諸岡健一
第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013

ワゴンを利用した生活環境中の日用物品運搬システムの開発
中島 洸平,長谷川 勉,辻 徳生,諸岡 健一,倉爪 亮
第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013

Informationally Structured Environment for Elderly Care House
Yoonseok Pyo, Tokuo Tsuji, Shunya Kuwahata, Akihiro Nagata, Tsutomu Hasegawa, Ken’ichi Morooka, Ryo Kurazume
Proc. The Ninth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR13), K-O-02, Kyoto, 2013.10

Grasp Planning for Convex Shapes using a Soft Plane Gripper
Soichiro Uto, Tokuo Tsuji, Kensuke Harada, Ryo Kurazume and Tsutomu Hasegawa
Proc. The Ninth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR13), K-P-01, Kyoto, 2013.10

Navigation System for Minimally Invasive Surgery
Yosuke Nakasuka, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji,Ryo Kurazume, Xian Chen, Makoto Hashizume
Proc. The Ninth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR13), K-P-05, Kyoto, 2013.10

Abnormal Behavior Detection in Privacy Protected Videos Using Affine Moment Invariants
Shuhei Takaki, Yumi Iwashita, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume
Proc. The Ninth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR13), K-P-07, Kyoto, 2013.10

Brain Surface Model Mapping onto Target Surface
Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Tokuo Tsuji, Ryo Kurazume
Proc. The Ninth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR13), K-P-02, Kyoto, 2013.10

脳表および脳内部組織の対応関係に基づいた標準脳図譜変形による患者指向脳図譜の推定
小林薫樹,諸岡健一,宮城靖,福田孝一,辻徳生,倉爪亮
生体医工学シンポジウム2013 (2013. 9)

プライバシー保護画像からの異常行動検出
高木修平,岩下友美,諸岡健一,辻徳生,倉爪亮
電子情報通信学会ソサイエティ大会2013 (2013. 9)

応力分布の放物面近似に基づく把持安定性の評価
宇都宗一郎,辻徳生,原田研介,倉爪亮,長谷川勉
第31回日本ロボット学会学術講演会2013 (2013. 9)

情報構造化環境における家具上物品検出のための移動ロボットによる視覚記憶の照合と変化検出
桑畑舜也,長谷川勉,諸岡健一,倉爪亮,辻徳生
第31回日本ロボット学会学術講演会2013 (2013. 9)

生活支援のための環境分散センサ情報統合アーキテクチャ
永田晃洋, 長谷川勉, 表允晳, 辻徳生, 諸岡健一, 倉爪亮
第31回日本ロボット学会学術講演会2013 (2013. 9)

任意曲面への脳表メッシュモデルの写像
宮内翔子,諸岡健一,宮城靖,福田孝一,辻徳生,倉爪亮
電子情報通信学会 医用画像研究会,MI2013-26,pp.39--44, 2013

パーソナル清掃ロボットによる室内落下日用品の収集
橋口 優香, 長谷川 勉, 表 允晳, 辻 徳生, 諸岡 健一, 倉爪 亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2013 (2013. 5)

多指ハンドを用いた関節角の位置制御に基づく誤差に頑健な物体把持
馬場恒星, 辻徳生, 河村晃宏, 表允晳, 田原健二, 原田研介, 長谷川勉, 倉爪亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2013 (2013. 5)

床上センシングシステムと室内生活行動モデルにもとづく居住者の行動推定
長谷川勉,田中真英,表 允晳,辻 徳生,諸岡健一,倉爪 亮
第18回ロボティクスシンポジア講演予稿集, 3D2, pp.330-336, (2013.3)

一般物体把持のための把持姿勢変換
辻 徳生,原田研介,山野辺夏樹,永田和之,中村 晃,長谷川勉
第18回ロボティクスシンポジア講演予稿集, 2C4, pp.219-224, (2013.3)

情報構造化環境における日用品の追跡 -3次元ポイントクラウドを用いた変化箇所の検出と物体識別-
蔡 現旭,桑畑舜也,Oscar Martinez Mozos,長谷川勉,辻 徳生,諸岡健一,倉爪 亮
第18回ロボティクスシンポジア講演予稿集, 1C1, pp.69-75, (2013.3)

区分的な二次曲面近似に基づく把持姿勢候補の生成
宇都宗一郎,辻 徳生, 原田研介,田原健二,倉爪 亮,長谷川勉
第18回ロボティクスシンポジア講演予稿集, 2C5, pp.225-230, (2013.3)

ページ上部へ

2012年

書籍 (2012年)

実践 医用画像解析ハンドブック,分担(3.4.1節 領域分割・基本処理)
諸岡健一 (2012.11)

ページ上部へ

論文誌 (2012年)

双腕を有するロボットによるピックアンドプレースの動作計画
原田研介,Torea Foissotte,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,丸山健一,中村晃,河井良浩
日本機械学会論文集(C 編),Vol.78,No.792,pp.2870-2883,2012.8

把持面の柔軟性を考慮したパラレルグリッパの把持計画
原田研介,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,丸山健一,中村晃,河井良浩
計測自動制御学会論文集,Vol.48,No.7,pp.364-372, 2012.5

構造物のアクティブ予見制御方法と適用可能な予測地震波形に関する検討
辻徳生, 中村秀治,鍵村俊哉
土木学会論文集,Vol.29,No.1,pp.110―123, 2012.3

ページ上部へ

国際会議 (2012年)

High-precision three-dimensional laser measurement system by cooperative multiple mobile robots
Yongjin Jeong, Yoonseok Pyo, Yumi Iwashita, Tsutomu Hasegawa and Ryo Kurazume
IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2012), pp.198-205, Dec. 16-18, 2012

Patient-specific atlas construction by deforming paxinos`s atlas to patient images
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Kazuhiro Samura, Ryo Kurazume, Tsutomu Hasegawa
International Forum on Medical Imaging in Asia 2012, Korea, Nov. 16-17, 2012

Object Placement Planner for Robotic Pick and Place Tasks
Kensuke Harada, Tokuo Tsuji, Kazuyuki Nagata, Hiroshi Onda, Takashi Yoshimi, Yoshihiro Kawai
Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,pp.980-985,2012.10

A Method for Mapping Brain Atlas to Patient Brain Structure by Least-Squares Mesh Method
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Kazuhiro Samura, Ryo Kurazume, Tsutomu Hasegawa
34th Annual International IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Aug. 28-Sep. 1, 2012

An efficient construction of real-time FEM-based simulator for soft tissue deformation with large dataset
Ken'ichi Morooka, Tomoyuki Taguchi, Xian Chen, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume, Tsutomu Hasegawa
16th Annual Conference of the International Society for Computer Aided Surgery, June, 2012.

Pick and Place Planning for Dual-Arm Manipulators
Kensuke Harada, Foissotte Torea, Tokuo Tsuji, Kazuyuki Nagata, Natsuki Yamanobe, Kenichi Maruyama, Akira Nakamura, Yoshihiro Kawai
Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.2281-2286, 2012.5

A method for constructing real-time FEM-based simulator of stomach behavior with large-scale deformation by neural networks
Ken'ichi Morooka, Tomoyuki Taguchi, Xian Chen, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume, Tsutomu Hasegawa
Proceedings of SPIE Volume 8316 (SPIE Medical Imaging), 8316-18, San Diego, Feb.4-6, 2012

ページ上部へ

全国大会 (2012年)

オーダーメイド医療のための軟性肝臓モデルの物性パラメータ推定
園木秀治,諸岡健一,倉爪亮,橋爪誠,長谷川勉
第31回SICE九州支部学術講演会,pp.223-224,(2012.12)

レーザレンジファインダの反射強度を利用した物体及びロボットの位置計測
表允晳, 田中真英, 長谷川勉, 辻徳生, 諸岡健一, 倉爪亮
第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1H3-1, pp.587-591, (2012.12)

レーザレンジファインダを用いた床上センシングによる室内生活行動の計測
田中真英, 表允晳, 辻徳生, 長谷川勉, 諸岡健一, 倉爪亮
第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1H3-2, pp.592-595, (2012.12)

クラウドTMS: ロボットタウンマネジメントのためのスケーラブルな分散処理システム
辻徳生, 表允晳, 曾昀, 永田晃洋, 長谷川勉, 倉爪亮, 諸岡健一, 村上剛司
第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1H4-7, pp.633-636, (2012.12)

Humanoid Grasp Planner Imitating Human Motion
Tokuo Tsuji, Philippe Soueres, Olivier Stasse, Kensuke Harada, Tsutomu Hasegawa, Ryo Kurazume
Proc. The Eighth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR12), OS4-3, (2012.10)

A Method for Mapping of Paxinos's Atlas onto Patient Images by Least-Squares Mesh Method for Patient-Specific Atlas Construction
Kaoru Kobayashi, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi, Kazuhiro Samura, Ryo Kurazume, Tsutomu Hasegawa
Proc. The Eighth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR12), PS1-2, (2012.10)

レーザレンジファインダによる反射強度と位置計測を用いた床上センシングシステム
表允皙, 長谷川勉, 曾昀, 辻徳生, 諸岡健一, 倉爪亮
日本ロボット学会第30回記念学術講演会2012, 2H2-2, (2012.9) pdf

情報構造化環境における日用品の追跡 - 移動ロボットによる低レベル視覚記憶の照合と変化検出 -
桑畑舜也, 長谷川勉, 蔡現旭, 諸岡健一, 倉爪亮
日本ロボット学会第30回記念学術講演会2012, 2J2-7, (2012.9) pdf

レーザ反射強度を用いた3次元幾何モデルのカラリゼーション
大石修士, 辻徳生, 岩下友美, 倉爪亮, 長谷川勉
画像の認識理解シンポジウム (MIRU2012), IS3-75, (2012.8) pdf

区分的な楕円体及び楕円柱面近似に基づく把持計画
宇都宗一郎, 辻徳生, 原田研介, 倉爪亮, 長谷川勉
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012, 1A1-L05, (2012.5) pdf

加速度センサと床上レーザレンジファインダを用いた複数移動物体の位置同定
森達則, 田中真英, 辻徳生, 村上剛司, 長谷川勉, 諸岡健一, 倉爪亮
日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2012, 1A1-R04, (2012.5) pdf

双腕ロボットによるピックアンドプレース動作計画
原田研介,Torea Foissotte,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩
第17回ロボティクス・シンポジア(2012.3) pdf

ページ上部へ

2011年

国際会議 (2011年)

Grasp Planning for Parallel Grippers with Flexibility on its Grasping Surface
Kensuke Harada, Tokuo Tsuji, Kazuyuki Nagata, Natsuki Yamanobe, Kenichi Maruyama, Akira Nakamura, Yoshihiro Kawai
Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics,pp.1540-1546,2011.12

Humanoid Robot that Achieves Bipedal Walk, Visual Recognition, and Multiple Finger Grasp
Tokuo Tsuji, Kenji Kaneko, Kensuke Harada, Fumio Kanehiro, Morisawa Mitsuharu
Proc. IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots,pp.75-80,2011.10

Real-time FEM-based Simulator for Stomach Deformation by Using Multiple Neural Networks
Ken'ichi Morooka, Tomoyuki Taguchi, Xian Chen, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume, Tsutomu Hasegawa
The 7th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR11), OS2-3, October 2011

Minimally Invasive Surgery Simulator by Real-Time FEM Analysis Using Computational Anatomy Model
Ken'ichi Morooka, Ryo Kurazume, Makoto Hashizume and Tsutomu Hasegawa
The Second International Symposium on the Project Computational Anatomy 2011, pp.A03-4, March 2011

Construction of Brain Simulator System for Computer-Aided Diagnosis and Therapy
Yasushi Miyagi, Ken'ichi Morooka, Takaichi Fukuda, Tsuyoshi Okamoto and Kenji Sunagawa
The Second International Symposium on the Project Computational Anatomy 2011, pp.A02-9, March 2011

ページ上部へ

全国大会 (2011年)

ジストニア・パーキンソン病の定位脳手術支援のための脳座標アトラス
宮城靖,諸岡健一,福田孝一,倉岡晃夫,砂川賢二,岡本剛,吉浦敬,陳献,早見武人,飛松省三
平成22年度日本生体医工学会九州支部学術講演会,pp.B-III-37,2011年1月.

情報構造化環境における日用品の追跡
長谷川勉, 蔡現旭, Martinez Mozos Oscar, 辻徳生, 諸岡健一, 倉爪亮
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1O2-6, 2011年9月

Probabilistic Object Tracking in Indoor Environments
Chollet Francois, Martinez Mozos Oscar, Tsutomu Hasegawa
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1Q2-2, 2011年9月

Grasp Planning Toolbox in Choreonoid
Tsuji Tokuo, Harada Kensuke, Yamanobe Natsuki, Nagata Kazuyuki, Nakamura Akira, Hasegawa Tsutomu
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2Q2-1, 2011年9月

施設内生活支援ロボット知能の研究開発
足立 勝, 横山 和彦, 辻徳生, 長谷川勉, 大橋 健, 林 久志, 田村 雄介, 山口 亨, 川端 聡, 松坂 要佐
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 3B3-3, 2011年9月

手渡しの際の受け手の心地よさを考慮した日用品の把持
山野辺夏樹, 久場景太郎, 原辰徳, 淺間一, 新井民夫, 永田和之, 原田研介, 中村晃, 河井良浩, 辻 徳生
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 3G1-3, 2011年9月

加速度センサと床上レーザレンジファインダを用いた移動物体の位置同定
森達則, 田中真英, 辻徳生, 長谷川勉, 諸岡健一, 倉爪亮
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 3N2-1, 2011年9月

ジェスチャによる移動ロボットへの動作目標指示と誤差修正
表允皙, 長谷川勉, 辻徳生, 諸岡健一, 倉爪亮
第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 3O1-7, 2011年9月

ページ上部へ

2010年

論文誌 (2010年)

ヒト脳座標アトラス作成におけるデジタル画像技術の応用
宮城靖,福田孝一,諸岡健一,陳献,岡本剛,砂川賢二,飛松省三,吉浦敬
機能的脳神経外科:日本定位・機能神経外科学会機関誌, Vol.49, No.2, pp.136-141, Dec 2010

非線形有限要素解析を模したニューラルネットワークを用いた軟性臓器ボリュームモデルの変形シミュレータ
諸岡健一, 陳献, 倉爪亮, 内田誠一, 原健二, 砂川賢二, 橋爪誠
電子情報通信学会誌, Vol.J93-D, No.3, pp.365-376, Mar 2010

AdaBoost による気道・ 食道自動識別
田村暁斗,諸岡健一,倉爪亮,岩下友美,内田誠一,原健二,中西洋一,橋爪誠,長谷川勉
電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D, No.12, pp.2249-2260, 2010

A simple but accurate method for histological reconstruction of the large-sized
brain tissue of the human that is applicable to construction of
digitized brain database

Takaichi Fukuda, Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi
Neuroscience Research Vol.67 pp.260~265, March 2010

ページ上部へ

国際会議 (2010年)

Digital Brain Tissue Atlas for Safe and Accurate Stereotactic Functional Neurosurgery
Ken'ichi Morooka, Yasushi Miyagi and Takaichi Fukuda
Proc. The 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR), CD-ROM, Fukuoka, Japan (2010.10)

ページ上部へ

全国大会 (2010年)

施設内生活支援ロボット知能の研究開発 ー作業知能モジュール群の有効性検証(第2報)ー
中村高幸,足立勝,村上剛司,長谷川勉,嶋田和孝,大橋健,川端聡,丸山健一,辻徳生,原田研介
第28回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 3P1-3, (2010.9).

ページ上部へ